ぜひぜひ読んでほしい本のショートreviewをUPします!
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
テルマエ・ロマエ
 同名の人気漫画の実写映画化。
 正直、古代ローマ人が現代日本へという展開が映像になるとも思えなかったし、上戸彩が漫画には出てこないヒロインを演じるというところも、安直に仕上がっている証拠のような気がしていた。漫画が面白かっただけに、全く期待せずに見に行った映画であることをまず告白しておこう。

 それが、なかなか面白かった!

 漫画を読んでない人のためにストーリーを紹介。
 古代ローマ帝国の浴場設計師ルシウスが現代の日本にタイムスリップし、日本の風呂文化を知り、それを古代ローマで再現する姿を描くコメディ。
 生真面目な性格で古き良きローマの風呂文化を重んじる浴場設計師のルシウスは、それゆえに面白くないと評され閑職気味。そんな時、現代日本にタイムスリップし、そこで見た「平たい顔族(=日本人)」の洗練された風呂文化に衝撃を受ける。古代ローマに戻りそのアイデアを用いた斬新な浴場作りで話題となったルシウスは、時の皇帝ハドリアヌスからも絶大な信頼を寄せられるようになる。

 漫画家志望・山崎真実(上戸彩)を案内役に物語が進行する。
 真実が「湯治場」の娘であり、裸慣れしている設定も含め、細かく気の利いた部分が物語全体にリアリティを持たせている。ローマ時代のシーンも、主な登場人物以外は、すべて外国人のエキストラで占められているが、主演クラスの日本人俳優を含め、すべてをアテレコ&アフレコでおこなっている。ちょっと舞台を意識したような台詞回しも手伝って、上質な吹き替えのような錯覚をおこさせ、違和感なく物語世界に入り込めた。
 また、お風呂という裸の場を舞台とし、映画オリジナルの、ラブコメ的要素もふんだんに盛り込まれているにも関わらず、阿部寛と上戸彩の清潔感あふれる色気のなさは、原作漫画特有の乾いた笑い、とぼけた世界観を巧みに表現していて良かったと思う。

 阿部寛の肉体美もさることながら、北村一輝の女ったらしぶりも一見の価値あり(笑)
 久々に、なんでもないシーンで、真っ直ぐ見られないような目のやり場に困るような、色気を感じた。
 役者陣、プラシド・ドミンゴの歌声の中でのタイムスリップ、凝ったセット、本物を感じさせてもらえる映画である。そのなかでの、大真面目なおちゃらけは、なんとも贅沢。


                テルマエ・ロマエの場面カット
                武内英樹 監督 2012 日本映画(東宝)
| 23:59 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
名探偵コナン 11人目のストライカー
 ご存知、青山剛昌の人気コミック劇場版。第16作というから、ずいぶん続いているなぁと思う。しかし、今回は、残念ながら、ちょっと期待はずれであった感は否めない。
 Jリーグの20周年とコラボしているとのことなので、制約が多いのかもしれないが、実名で登場する選手の皆さんの、声優ぶりがひどすぎる。もちろん、ファンの方々には、その声だけで盛り上がるのかもしれないが、ちょっと説教めいた話を棒読みで聞かされるほど、恥ずかしいことはない。Jリーグ関連のファンサービスシーンが長すぎて、一般ファンには少し緩慢に思えたというのが正直なところか。

 毛利探偵事務所に謎の脅迫電話がかかり、路上の自動車が爆発。犯人が突きつけた暗号を解読して、爆破事件を阻止しなければいけない。
 犯人は、誰なのか? そして、爆破はとめられるのか?

 物語は悪くない。サッカー選手の格好良さも充分感じる。
 結局、「本人登場」にこだわりすぎたため、感情移入できない台詞回しと、お世辞にも格好良いとは言えない中途半端な似顔絵になってしまったのではないか。その分、他のシーンでコナンくんを活躍させなければいけなくなるから、お約束の毛利小五郎探偵の「眠りの小五郎」のシーンも、ラブコメ全開のほのぼのシーンもなく、コナンくんの超人的なアクションばかりになる。
 何より、最後は、中岡一雅のストライクで終わらないと、11人目のストライカーにならないのではないか?
 コナンに活躍させて終わってしまったのが少し残念。
 お祭り騒ぎではなく、もう少し、コナンの世界、謎解きの物語性を見せてほしいという辛口の感想。


            名探偵コナン 11人目のストライカーの場面カット画像
                      山本奏一郎 総監督 2012 日本映画 (東宝)
| 23:54 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
 久々に映画館で映画を見た。
 映画が最高でなくても、やっぱり映画館で見る映画は最高! である。
 定期的に見に行くべきと反省して帰宅。

 今回見たのは、『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』
 純粋な、コナン・ドイル作品の映画化ではなく、キャラクターを基本にし、『最後の事件』を下敷きにした映画である。
 原作ファンで挿絵の印象が強いものにとっては、少々違和感のある配役ではないだろうか。
 
  シャーロック・ホームズを
ロバート・ダウニー・Jr ジョン・ワトソンをジュード・ロウが演じる。
  
体格は痩身で身長は少なくとも6フィート(約180センチメートル)以上、鷲鼻で角張った顎が目立つといったホームズではなく、実に、アメリカンで(アメリカ映画だから仕方ないのだが・・・)丸々と健康的な問題児のホームズと魅力的過ぎるワトソンである。
 パンフレットを読むと、漫画家の池田邦彦さんが「アーサー・コナンドイル自身は、ホームズをアメリカン・インディアンに似た風貌で」と発言していたらしいというエピソードを披露しているので、あながち、アメリカンがいけないわけではないのだろうが、スローモーションと早送りを多用したアクションシーンと共に好き嫌いが分かれるところかもしれない。
 
 ヨーロッパ各地で連続爆破事件が発生し、ホームズは天才数学者で作家のモリアーティ教授こそが黒幕なのではないかと推理する。
 ロンドン、フランス、スイスと移動するヨーロッパの街並みは、どこか懐かしく、重厚である。
 ホームズとワトソンのコンビを、天才と秀才の友情とするのではなく、「偉大なる子ども性」と「大人の男の包容力」の友情と描いたところが、本作品の特徴ではなかろうか。
 
 魅力的だったシーンは、
 ホームズから、葉巻に火を求められたモリアーティーが、ホームズの礼に対して、
「It's my pleasure.」と、言うシーン。男同士で煙草に火をつけて上げるシーンは、不思議な色香が漂うと思うが、「It's my pleasure.」という響きに、ジャレッド・ハリス演じるモリアーティーの声に滲む、尊敬と計算。チェスの試合と重なり合い、二人の敵対する男の命をかけた戦いに、奇妙な友情を感じる。
 そして、最後、ワトソンが「THE END」としたタイプライターに、ホームズが「?」をつけたし、「THE END ?」にした茶目っ気だろうか。

 ファン心はくすぐられないかもしれないが、なんとなく新たな視点を得たような映画。ここで、ホームズを再読してみれば、違った何かが見えるかもしれない。

                              シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
                        ガイ・リッチー 監督 2011アメリカ映画(日本公開201203)
| 19:55 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |