ぜひぜひ読んでほしい本のショートreviewをUPします!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ちょっとブレイク☆
 出張続きの身体を労わって、大好きなバネッサ・パラディのCDを聞きながら、週末を過ごす。
 今回は、ツアーCD・・・聴衆とのセッションが多くて、ライブ感たっぷり。
 元気もらおうっと☆


                   Divinidylle Tour


                   Au Zenith
| 22:41 | 言い訳 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日はダラダラと〜ふぁ〜(欠伸満喫宣言)
  ゴールデンウィーク中日。
 残務を片付けながら、ぼんやり休日を満喫します。

 BGMは、いきものがかり と 東方神起
 どちらも、受け売り的興味だけど、東方神起は、来週コンサートにも行くので予習をかねて。


        いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~

        TIME (ALBUM+DVD)(ジャケットB)
| 09:26 | 言い訳 | comments(0) | trackbacks(0) |
最悪・・・
 体調も、精神状態も最悪なので、とりあえず部屋から出ないことに決めた。
 本さえ読む気になれない。

 落ち込むところまで落ち込んでやろう。
 お腹がすいてきたけど仕方ない。
 こんな日があっても良いだろう。

 とりあえずモーツァルトがBGM
 プラハ国立劇場&カール・ベーム

 天才がいて、今がある。
 私には、何もない。

 こんな状態で、何も発信できないから、3月9日・10日のレビューはお休みです。
 おやすみなさい。
           モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」(全曲)@ベーム/プラハ国立劇場o. プラハ・チェコcho. ニルソン(S)シュライアー(T)他
| 19:55 | 言い訳 | comments(2) | trackbacks(0) |
ちょっとブレイク
 本日は、休憩、レビューはお休みです。
 いろいろな意味で、生活を整えたいと思います。

 BGMは沢田研二のベスト。
 人生「〜だったら」「〜れば」はないのですが、その「たら&れば」が、荒唐無稽なら、結構面白く話は盛り上がります。
 カラオケに行って、時々盛り上がる話題は、

 もし! 自分が、 「容姿抜群で、歌唱力のある、男性だったら」どんな歌を、自分に酔いながら歌い上げるか!!!!!

 世代もあるのでしょうが、人気は、浜田省吾、松山千春。
 確かに、浜田省吾の「片想い」とか、松山千春の「旅立ち」とか、切々と歌えたら、気持ちいいだろうなぁ。
 で、・・・私は、沢田研二です(笑)

  「時の過ぎ行くままに」 退廃的な色気を漂わせながら歌い上げたいですね。

  ・・・・「サムライ」・・・も素敵☆ 阿久悠と沢田研二の組み合わせがツボなんですね。きっと(笑)




                             ロイヤル・ストレート・フラッシュ

       ロイヤル・ストレート・フラッシュ 2
                             ロイヤル・ストレート・フラッシュ 3


                  
                 
                             
| 11:09 | 言い訳 | comments(0) | trackbacks(0) |
人生、不可解
  藤村操という青年が、「巌頭之感」という遺書を、巌頭の大きなミズナラの樹肌を削って書き残し、華厳の滝に身を投げたことを知ったのは、中学の時だった。明治36年というはるか昔の、エリート高校生の死は、「人生、不可解」という言葉だけで、不思議に自分と近い気がした。
 私に、その言葉を教えてくれた人は、彼の死は、哲学に殉じたのではなく、平凡な失恋が原因だったかもしれないという説もあるのだと言い、その極めて両極端な原因もインパクトがあった。
 だから、と言うべきか? 
当時私は、彼の死を、肯定も否定もできなかった。
  人を死に向かわせるものは、深い哲学かもしれないし、平凡な失恋かもしれない。しかし、平凡な失恋が、人を、深遠な哲学へ向かわせるキッカケをつくるのかもしれない。
  それこそが、人生、不可解? わかったような、わからないような。
  厭世的な気持ちだけは漠然と理解できた。

  幾つになっても、人生は不可解である。
 
巌頭之感

悠々たる哉天壤、
遼々たる哉古今、
五尺の小躯を以て比大をはからむとす、
ホレーショの哲學竟に何等のオーソリチィーを價するものぞ、
萬有の真相は唯だ一言にして悉す、曰く「不可解」。
我この恨を懐いて煩悶、終に死を決するに至る。
既に巌頭に立つに及んで、
胸中何等の不安あるなし。
始めて知る、
大いなる悲觀は大いなる樂觀に一致するを

 やっぱり、わかるようなわからないような遺書ではある。
 しかし、最近、どうも厭世的な私は、ふと、彼の存在を思いだした。

 哲学的になることも悪いことではなかろう。
 孤独な自分を存分に感じることも悪いことではなかろう。

 そういうわけで、三連休を厭世的に、哲学的に、孤独に過ごすことにする。
 2013年2月9日〜11日までレビューはお休みです。
| 23:36 | 言い訳 | comments(0) | trackbacks(0) |
疲れた!!!!!

 体調がすぐれず、週末療養します。
 勝手ながら、1月19日・20日とレビューを臨時休業いたします。
 
 良い音楽を聞いて、ぼんやり、身も心も休めたいところ。

 そこでチョイスは、青春のアイドル、ジョシュア・ベルのノーブルなバイオリン。

              メンデルスゾーン:VN協奏曲




             サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番
| 21:23 | 言い訳 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょっとお休み☆
 本日雑務をやっつけ損ねている関係で、レビューはお休みです。

 BGMは、エリック・クラプトンの入門盤とのことで「STORY」
 門外漢の私にも、ほとんど聞いたことあるのが凄い・・・。

 そしてもう一枚は、カーディガンズのLovefoolが突然聞きたくなって、「
ファースト・バンド・オン・ザ・ムーン」かわいいなぁ。

 聞きほれていないで、雑務やっつけねば!
 それでは、また明日!


           ストーリー


           ファースト・バンド・オン・ザ・ムーン
| 18:50 | 言い訳 | comments(0) | trackbacks(0) |
大掃除☆〜!!!!!
  今年は、この三連休、大々的に大掃除いたします!
 よって、2012年12月22日〜24日のレビューはお休みです。
 美しく知的な新年が迎えられるよう大奮闘予定。

 BGMは、いろいろな懐かしいCDを発見すると思うので、何を聞くかわかりませんが、最初の1枚は、佐藤まどかさんおすすめのRaveのTrio・DebussyのSonatas(Ashkenazy、Perlman、Harrell)です☆

             Ravel/Debussy: Trios/Sonatas
| 11:58 | 言い訳 | comments(0) | trackbacks(0) |
身辺整理☆
 今年もあと、一ヶ月を残すばかり。
 年末には、サッパリ綺麗に大掃除完了したいな。

 今日は、来週から来る締切ラッシュを乗り越えるための、身辺整理。
 軽い感じで、福山雅治のベストと、スピッツのベスト☆


                    
                     
| 21:24 | 言い訳 | comments(0) | trackbacks(0) |
休息(ー_ー)!!
 文学の秋、秋から冬にかけて本当に忙しい。
 本日は、戦士の休日・・・というわけで、マルタ・アルゲリッチのCDに酔いながら、良い休日を過ごしたいと思います。

 幻のショパンレコーディング 1965 
 アルゲリッチ、24歳 天才の弾く若々しいショパン。
 若き天才の青さとショパンの甘さは最高の組み合わせ☆
 
             幻のショパン・レコーディング1965
 
| 07:38 | 言い訳 | comments(0) | trackbacks(0) |