ぜひぜひ読んでほしい本のショートreviewをUPします!
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ぴんとこな 一  続刊中
 友人を待つ時間ができてしまったので、以前から、梨園を描いた少女マンガがあると聞いていて気になっていた『ぴんとこな』を手に取ってみた。
 ハズレだと嫌だから、まずは、一巻だけ。

 表題の「ぴんとこな」は、歌舞伎用語。
 上方和事の役柄の一つで、やわらかな色気を持ちながら「つっころばし」のように女性的にならず、立役のきりりとした強さを持った役をさす。
 『伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)』の福岡貢(ふくおかみつぎ)などがその代表とされているたしい。福岡貢は和事で表現される二枚目の色男だが、元は武士のため、強さのある「ぴんとこな」で演じられる・・・とのこと。

 モンスター的に変わっているマイペースで、モテそうにない女の子(でも、素材としては可愛い)と、アイドル的美少年の恋愛というのは、最近の少女マンガのパターンの一つ。
 
 こちらもそのパターンを踏襲していて、歌舞伎界の御曹司・河村恭之助と、門閥外ながら実力人気共に注目されている澤山一弥の、歌舞伎に詳しい元お嬢様で、今は貧乏な千葉あやめをめぐる三角関係の物語だ。
 あやめが、魅力的かと問われれば、そうでもないのだが・・・。
 オレ様で自惚れ屋のくせに、父にコンプレックスを持ち、寂しがりの恭之助も、野心家で努力家の一弥も、ありがちなキャラではあるが、ツボは心得ている感じ。
 ヤル気のない舞台をつとめる恭之助の容姿と家柄に、劇場に観にいくまでのファンたちが騙されるわけはないと思うのだが(男前だから寛容に許すことは、大いにあってもだ!)、そのあたりは、読者層と歌舞伎の遠さなのだろうとも思う。
 みんな一途で、自分の悩みに一生懸命なところが心地よい。

 まずは、及第点。続きを読んでみようと思う。



         ぴんとこな 1 (Cheeseフラワーコミックス)
               書籍データ 小学館 嶋木あこ 201003
| 23:59 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
信長協奏曲 ─‖慨中
 完結していないものを、おススメするのはリスキーだと承知した上で、今、続刊を一番楽しみにしている漫画である。
 と、Тのレビューは始まっている。 (参考 →  
http://yukareview.jugem.jp/?eid=311 )
 刊行される度に、少し、心配になる。なんせ、こっちの期待を越えてもらわなくてはならない。その上、こちらは単行本読者。半年あまりの空白を一瞬に埋めてもらわないといけないのだ。

 さて、今回率直にどうであったかと聞かれれば、「イマイチ」と答えるしかない。
 このままでは、ちょっと心配。

 お気楽高校生の三郎くんが、戦国時代にタイムスリップをして信長の人生を生きるという物語。
 うろ覚えの歴史を披露することが、神の啓示のような予言と先見につながり、周囲に尊敬や脅威を与えるという場面も面白いし、明智光秀の設定なども秀逸。
 お気楽なままの三郎信長のキャラクターも良いし、今回は、そのお気楽さと延暦寺の焼き討ちのくだりにどう折り合いをつけるかなぁという部分も巧く処理した感じである。

 では、なぜ、イマイチなのか。たぶん、書き方なんだろう。
 随所に良い場面があるのに流れている。お市と長政の信長談議も、家康の信長のとらえ方も面白い。しかし、それはどこか段取りで胸に迫らない。不用意なところで、あれ? これ誰だっけなんて思わせて流れに乗せてくれない。
 なにより、明智光秀の進言は、どこか不可解で冷たい男の闇の美しさに読者の心をときめかせてくれなかった憾みがある。

 イマイチ・・・・悔しいなぁ。あんまり急がないでよ〜本当に。

          信長協奏曲 8 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
               書籍データ 小学館 石井あゆみ 201302
| 23:44 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
人間仮免中
  話題のマンガということで、手に取ってみた。
 
 夫の借金と自殺、自身も統合失調症で自殺未遂を繰り返す。ストリップの舞台上で喉をかき切って有名になった。AV女優他様々な職業を経験し、波乱に満ちた人生をおくってきた作者の、実録的なマンガ。

 それだけ聞いて、思ったのは、定期的に、こういうプロフィールを持つ書籍がベストセラーになるなという感想だった。
 大衆は、何を求めてこういう本を手に取るのだろうか?
 波乱への憧憬か? はたまた、それでも生きている人間の生命力を確認したいのか?

 タイトルの妙にも魅かれた。

 波乱に満ちた人生を送ってきた著者が36歳にして出会い恋をしたのは25歳年上のボビー。
 怪しげな過去を持ち得体の知れないボビーだか、妄想と付き合い、自殺未遂を繰り返す作者にはとことん優しい。
 でも、押さえきれない感情の起伏、万能感と、幻聴、幻想、そして死に向かうエネルギー。
 歩道橋から身を投げ、顔面を崩壊した病院生活が後半の主なストーリーになる。

 淡々と、それでも生き、なお自分の存在と付き合わざるを得ない自分を見つめていく。

 ここまでくるには、紆余曲折だっただろうが、何があっても作者の存在を認め肯定している家族とボビーの姿に、不思議な幸福感を得られる読書だった。

                     人間仮免中
                   書籍データ イースト・プレス 卯月妙子 201205
| 23:06 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
すーちゃんの恋
 お正月のおせちの材料を買う家人を待つ間、役立たずの私は本屋で時間を潰す。
 不思議の国のアリスの、帽子屋の声が聞こえてきそうなくらいまったりとした時間である。

 「もしお前さんが私ほどに”時間”のことをよく知っていたら」と、帽子屋がいいました。
 「時間をつぶすなんてことはいわないだろうよ。時間は生き物なんだから」

 ま、時間を潰したおかげで出会える本もある。今回、益田ミリの新刊が出たので買ってみた。少し前に二冊のレビューをしているが、最初に読んだ『どうしても嫌いな人 すーちゃんの決心』(幻冬舎 201008)を超えるに至らず、私の中で新刊チェックをする作家リストから無意識に外れていたようだ。しかし、書店で目が合ったのも運命であろうと早速読んでみた。

 以前のレビューは参考までに
 『僕のお姉ちゃん』 
http://yukareview.jugem.jp/?eid=15
 『青春、手遅れ』http://yukareview.jugem.jp/?eid=17

 さて、『どうしても嫌いな人 すーちゃんの決心』で仕事を辞めたすーちゃんが、37歳にして、新しい仕事、保育園での調理師として働き出す物語である。
 子どもたちのエネルギーと、赤裸々な個性に日々ふれながら、子どもを産む人生と、産まない人生があり、自分はどちらを選び流されていくのかと考えるすーちゃんの日常が、日常らしく、煮詰まることなく、雑念に紛れ、ふとした時にありえないくらい疼き、くり返されていく。
 そして、すーちゃんの前に現れた、年下の書店員・土田さん。お互いに悪からぬ感情を抱きながらも、すーちゃんは、ダメだと自己完結してしまう。恋も、願望も、なんだか流されていく。事件にも事故にも、ドラマにもならない37歳、独身女性の日常。事件にも事故にも、ドラマにもならない事実の裏に、彼女たちの、懸命な思い、常識と、これまで生きてきた道がある。
 少し哀しくて、愛おしい。
 一人で生きていくということはそういうことかもしれない。


                                   すーちゃんの恋
                   書籍データ 幻冬舎 益田ミリ 201211
| 23:20 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
昭和元禄 落語心中  続刊中
 二巻からずいぶん時間がたった印象だが、『昭和元禄落語心中』の第三巻が出た。
                (参考 
http://yukareview.jugem.jp/?eid=143 )
 次の巻は2013年夏発刊となるようで、長いお付き合いになりそうだ。

 さて、昭和最後の大名人・有楽亭八雲が弟子の与太郎に語って聞かせる、亡き友・助六との話である。「八雲と助六篇」いよいよ盛り上がってまいりましたというところか。
 ただ、最初から、みよ吉が助六の子・小夏を産むことと、助六が夭折すること、菊比古が八雲の名跡を継ぐことは、予め読者のしることろとなっている。そのあたりを、女性にも破天荒で、時代を牽引する天才噺家・助六の破天荒で生き急ぐイメージ設定以上の何かとして提示できるか? ストーリーの中で展開できるかが、この作品の真価の判断となっていくに違いないと思う。

 貧乏どん底二人暮らしの菊比古(後の八雲)と助六。遊び暮らしているように見えるのに、冴えた芸で観客の気持ちを見事につかみ、売れっ子になっていく助六に、菊比古の焦りは募るばかりだ。
 ついに二ツ目から真打へ。
 落語界という組織は、助六の芸に「品が無い」という判断をくだしている。
 上り調子の芸とは裏腹に、伝統文化の品格と、人気、落語への思い、相手への尊敬と愛情。翻弄される部分と、揺らがない部分を分かち合いながら、菊比古と助六の関係は変わっていく。
 
 真面目で美しく品があっても観客の心がつかめない。芸に息詰まる菊比古。その菊比古の、転機になったのは、以外にも、大衆演劇、芝居の中にあった。
「知らざァ言ってェ・・・聞かせやしょう」
 ご存知、弁天小僧である。自分の華の見せ方、自分が動けば、観客の気が動く快感を体感した菊比古。

 真打昇進のお披露目での、助六の一席「居残り」の描き方が面白い。読者に、噺のストーリーを追わせるのではなく、観客を惹きつけている活き活きとした語り口調を、テンポ良く、コマ割と吹き出しの絶妙な配置で見せ、くるくると役を演じ分ける助六の表情を追わせていく。
 このシーンは、噺の展開を楽しむものではないことを考えれば、少々長いともいえるのだが、作家の心意気で読者を離さない。マンガでしか書きえない手法での、落語の魅力の伝え方だと言えるだろう。

             昭和元禄落語心中(3) (KCx(ITAN))
                 書籍データ 講談社 雲田はるこ 201210
| 06:32 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
萩尾望都作品集  なのはな
 2011年、東日本を襲った大震災と、それに続く原発事故。原発事故の「あの日」から、胸のザワザワが止まらなくなったという萩尾望都が描いた、3・11以降の最新作品集 。
 フクシマの少女を主人公にした話題作「なのはな」と、放射性物質と人間との関係をシニカルに描いた3部作「プルート夫人」「雨の夜-ウラノス伯爵-」「サロメ20××」に加え、描き下ろし「なのはな-幻想『銀河鉄道の夜』」を収録。
 
 話題の書である。
 放射能性物質の溢れる魅力と、それに翻弄され、結局考えることを放棄してしまう人間の愚かさをを描き、日常を営むなかで、震災の傷跡が精神的に隠蔽されてなお、そのことを考え、チェルノブイリの今に、自分の未来を重ねる様を描く。

 完成度や芸術性が劣る作品だとも言えるだろう。そんな、未熟で荒い作品を、ことさらに美しく豪華な装丁で世に出したことへの疑問視もあるかもしれない。
 作品と言うものは、何を書くか? と、どう書くか? の両面が必ず問われるべきであり、何を書いたかだけで、評価されるべきではないと思う。
 そう考えた時、この作品は、けして良質のものとは言えない。
 しかし、いや、だからこそと続けるべきか? 我々の、あの日からけして整理できない、生の思いをつまびらかにしてくれる作品だとも言える。
 この作品への感想は、やはり、読むべきであるという感想に留めておこうと思う。

             なのはな (コミックス単行本)
                  書籍データ 小学館 萩尾望都 201203
             
| 22:28 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
信長協奏曲 А‖慨中
 完結していないものを、おススメするのはリスキーだと承知した上で、今、続刊を一番楽しみにしている漫画である。

 高校生らしい能天気さを持ったサブローが、戦国時代にタイムスリップし、織田信長として生きることになる。では? 本当の織田信長は? と、言えば、身体が弱く、沈みがちな性格で、彼は、明智光秀として織田信長の側で生きているのである。
 なんだか、この近いような遠いような二人の距離が、歴史ファンの解釈すら巻き込んで心躍らせる設定なのではないだろうか。思慮深さと、コンプレックスが交差する明智光秀の人物造詣もこの設定だからすんなり心に織り込まれる。
 高校生らしい孤独と連帯感が、時代を間違えて生きている人間の一人感と、共に戦うという行動に象徴されているように思う。
 サブローは、自分の生きる「今」が、戦国時代だということに戸惑いながらも、「今」と「ここ」を生きることに疑問をいただいていないように思う。この、ある種大らかな軽さが、高校生特有の生命力だなとも思う。
 しかし、だんだん、サブローの生きている舞台が戦国時代であることが長くなっていきた。
 主であることが、彼の言動を育てていることも見て取れる。

 今回、本当の織田信長である明智光秀が、織田信長として生きているサブローに告げる。
 「サブロー、わしは そなたのため だけに生きるぞ ・・・・・・・・・!」
 「・・・その言葉 重ーい。」

 この二人が迎える本能寺はどんなものなのだろう。
 まだまだ続きそうだけど、期待は大きくなる一方だ。


            信長協奏曲 7 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
                 書籍データ 小学館 石井あゆみ 201208
| 06:35 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
働きマン 全4巻
 29歳の編集者・松方弘子を中心に、彼女に関わる人々の、仕事、恋、生き方を描く。短編連作方式で、主人公も時折変わる。

 有能であるがゆえに、仕事も重なり、それを乗り越え、達成感を感じる。日々、疲れは蓄積しているけれど、それをマッサージで癒す財力もある。そして、ふと感じる虚無感。自分の感情をありのまま口に出し、それを後悔しながらも責任を取る強さも、口に出さないでいるから損したことを引き受ける強さも優しさももっている、機動力が一番ある年代の働く女。
 夢も希望も、有能さも後悔も、仕事という濁流の中で、平穏無事に乗り越えたようにしか見えない日常が描かれている。それぞれのかかえる、大小の悩み、大小の達成感も良い。

 ホンの一言で頑張れる毎日。ホンのひとつの良いことで乗り越えられる日常。

 事件が起きたとき、いい加減な上司が見せる小さな格好良さとか、使えない後輩の、ちょっとした真意とか。職場では、すべてを知っているようで、何も知らないと思える瞬間が、時々垣間見える。

 いったい私は、どこに流れていくのだろうか?
 思うようになることと、ならないことが、漂流物のようにぶつかってくる日常で、体力勝負で泳いでいるけれど、泳ぎきってる自分が好きでもあるけれど、一寸先もわからない。今、このことが、いったい私の何になるのだろうか?

 時々やってくる、神のような達成感は薬物のようで・・・。
 もしかしたら、正常な暮らしではないと思いつつ、みんなこの場所にいるのかもしれない。

 図らずも、ぐっと来たのは、書籍営業の千葉真「報われマン」の章。
 「あなたが売ってくださったんですか」と、作者に礼を言わる姿にこみ上げてくるものがあった。私も生業が営業畑だからだろうか。良い本と出会い、それを売る。クリエイティブである人と、それを支える資本主義にまみれた自己の存在。それをクリエイティブに高めてくれるのは、クリエイティブであるひとが発信する連帯感なのだと思う。
 それも、やっぱり、麻薬みたいな・・・一時の、達成感なのかな。

 この漫画を面白がる休日の私と、面白がっていてはまずいぞと思っている働く私がいるような気がする。


            働きマン(1) (モーニングKC (999))
           書籍データ 講談社 安野モヨコ 200411〜200708
| 21:38 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
市川春子
  深海、貝、植物、そして地球外生物。

 軽やかであるということと粗雑であるということは?
 哲学的、文学的であるということと意味不明の部分が多すぎるということは?
 示唆的であるということと到達点への道筋さえないということの境目は?

 なんだかいろいろなことを考えながら読んだ。
 
 顔の造作が好みではないのだけど、みんなが密かに美人だといっている雰囲気美人。自分は、美人じゃないだろうと思っているのだけど、忘れがたく魅力的だからどうも却下するのも勇気がいるなんていうところだろうか?
 たちが悪いのは、美人だといっている人は「彼女の深さをしっているのは自分だけ」と思っているし、顔の造作がたいしたことないと思っている人は、「彼女の雰囲気にだまされていないのは自分だけ」と思っているところなのかもしれない。
 結局、みんな彼女の言動から目が離せないのだ。

 私自身、すこし排他的なにおいのする作品だと思うし、昆虫的なイメージも、腑分けの感触も含め好みではない。
 ただ、一つ、市川春子の作品の魅力だと、はっきりといえることは、作品のすべてが、異型の苦しみをもって生きているというテーマを扱っていることだ。深い孤独と、哲学的シンプルさの中で、繁殖の絡まない恋を掴んでいる。海の底や宇宙と繋がる自分を感じながら生きている。
 なんだか、そのことだけでいいような気もする作品群である。

   虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)25時のバカンス 市川春子作品集(2) (アフタヌーンKC)
       書籍データ 講談社 市川春子
          市川春子作品集 『虫と歌』 200911
          市川春子作品集供 25時のバカンス』 201109
| 19:26 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
あずまんが大王 全4巻
 高校入学から、卒業までをあつかった(ほぼ!?)4コマ漫画である。
 暴走気味のともちゃん、猫好きなのにクールで男子よりも人気のある榊さん、大阪から来た忘れ物と遅刻の常習犯・春日歩、天才飛び級10歳児のちよちゃんを中心に物語は重ねられていく。
 教師陣は、大人気ないゆかり先生、人気の体育教師・黒沢先生、そして、奥さんは美人なのに思っている妄想!?が全部口からもれてしまう木村先生。
 特段、珍しいキャラクターが描かれているわけではないのだが、飛び級のちよちゃんという、漫画でなくしては、なかなか登場に勇気と段取りがいるキャラクターを無防備過ぎるほど天真爛漫に描き、物語にふくらみをだしている。また、4コマのスタイルを持つ漫画にしては珍しく、時間軸に支えられた進行をとっており、繰り返す学校行事でキャラクターも深まっていく感じが新鮮で面白かった。
 好感度の高い絵柄と、独特の間、そして、くり返しの妙が魅力的である。

             あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)
         書籍データ メディアワークス あずまきよひこ 200002〜200206
| 20:47 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |