ぜひぜひ読んでほしい本のショートreviewをUPします!
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
100年後も読まれる名作(7) 赤毛のアン

 もし、この本のマーケットである小学生の時に、私が出会っていたら、抄訳で読まねばならない本を、今読む必要はないと思うから、読めるようになったら、この本ではなく全文を読むと答えていたかもしれないと思う。

 抄訳などという言葉を使いたがる子どもは、「赤毛のアン」という匂いに魅かれるはずもなく、私が「赤毛のアン」シリーズを手にしたのは高校生の時。ずいぶん遅いデビューであった。

 面白いものだと感じたのが素直な感想ではあるが、面白がる自分が恥ずかしく、肯定的な感想をいうことがはばかられた。

 ベラベラと自分の内面をぶちまけ、コンプレックスを持っているとわめきながら、保護者に愛され、無条件に自分を受け入れてくれる同年代が近くにいる夢見がちな少女の存在は、どこか疎ましかった。

 

 この本の編訳を担当した、宮下恵茉さんは、小学校で「赤毛のアン」に出会い、夢中になったのだと、あとがきにある。

 面白いほど、私と、正反対の反応。

 

 そして、読書の面白さというものは、

 ひねくれて距離をとった本とも、振り返れば良き思い出があり、

 その同じ本に魅かれたという人物が紡ぐ物語に、ひねくれ者がひどく魅かれたりすることかもしれない。

 

 作家・宮下恵茉への信頼と興味がなければ、私は今更、抄訳などいうものを手に取らなかったかもしれないし、読むこともなかっただろう。

 

 良くできた、抄訳である。名場面と要所は逃さず、しかも読みやすく、面白くである。

 アンが、マシューとマリラの日常を、外部者の目で夢のような言葉で飾ることから始まる冒頭から、居場所を求め続け、この地に根を下ろし「夢のかたちがほんのちょっとかわった」と神の目を感じるラストまで一気に読者を運んでいく。

 ダイアナもギルバートも生き生きとしていて、アボンリー、グリーン・ゲイブルズといった言葉の響きに感じる不思議な憧憬も良く描かれている。

 

 大人になって抄訳を読むのも悪くない。

 自分とその本の距離、そして抄訳をした作家への興味。

 久々に、「赤毛のアン」が読みたくなった。

 

 この本を手に取った子どもたちは、「赤毛のアン」とどう出会い、どう付き合って大人になっていくのか。

 そして、振り返れば、すべて良き思い出。

 それが、名作と呼ばれる本の底力なのかもしれない。

 

 

 

                                     

                      書籍データ L・M・モンゴメリ 作 宮下恵茉 編訳 KADOKAWA 201801

| 23:18 | 児童文学 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://yukareview.jugem.jp/trackback/844