ぜひぜひ読んでほしい本のショートreviewをUPします!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
関ヶ原

 久々の映画館での映画鑑賞という自身の環境も多分に影響していると思わなくもないが面白く拝見した。大好きな時代劇、所作としての役者の振る舞いに文句なく、勇壮ではあるが、残酷さも多分に伝える戦のシーンはいろいろな意味で現代人の鑑賞に堪えうる迫力があった。

 

 だだ、では、自分の中で大絶賛であったかと問われれば、期待していた分、期待外れのことも多かった。

 乱暴に、わかりやすく書いてしまえば、早口すぎて聞き取れないセリフが多すぎた(それでも、良い役者は聞こえるし魅せる。だが、そんなところで役者の良し悪しを視聴者に判断させることは本当に必要なのかとも思う)ということと、石田三成という人の魅力が、私にはさっぱりわからなかったということだ。

 

 もちろん、石田三成の魅力は、登場人物のセリフによっては語られる。

 島左近が、子どものように意地をはっているだけなのに人からは、知的であるがゆえにすべて戦略のように解釈されて損な人だと言う場面もあるし、島左近や大谷刑部に慕われている人だから、魅力のあった人なんでしょうねというのは伝わってくるわけだが、三成自身の姿からは感じないのだ。

 石田三成の私のイメージは知的かつ野心家、しかし、どこか狭量なところがあり、知的ゆえに自身がどこかそこにコンプレックスに似た気づきを得ているため小心で卑屈なところがあるというものだった。今回それを打破する、もしくは、にもかかわらず魅力的な石田三成像を期待していた訳だが・・・。

 石田三成とはなんだったのか、一つのアイコンでしかなく、人間味や彼自身のドラマは残念ながら感じなかったということである。

 見せどころはあったはずだ。私なら、自分を庇護する権力者あって能力を発揮できた男の、純粋でいることが許された恵まれた環境が失われ、豊臣秀吉、前田利家、失われゆくにつれ迫りくる薄汚れた世の中にどう傷つきどう足掻いたに焦点を当てたドラマが見たい。

 

    しかしながら、役者たちは魅力的であった。滝籐賢一演じる、固執と執着の権化になりつつも威厳と天才性がのこる豊臣秀吉。役所広司演じる徳川家康の老獪さと肝のすわった独善性。爪を噛んでるだけで、憎たらしい、得体のしれない闇を感じさせる役者はそうそうないだろう。松山ケンイチが演じた直江兼続も出番は多くなかったが、腹の探り合い、動きそうで動かないもどかしさと期待を感じるシーンを上手く描いていた。

有村架純の初芽は思いがけず良かった。伊賀の忍びであり、三成の恋の相手であるが、思いつめたような初々しい表情と、若さ感じる姿には画面に花を添えていた。しかしながら、後半のエピソードは、物語の全体感として必要とは言い難く、さらに、刑場に送られる三成との目配せに至っては、彼女の視点から考えれば必要かもしれないが、三成を軸に考えるなら、最後の最後に何を象徴させたいのかさっぱり理解できないとしか言いようがない。

 今回、一番、私の気持ちに残ったのは、小早川秀秋(東出昌大)である。裏切者という言葉で象徴されてしまう小早川を、当代きっての爽やかな美男子が演じるということで、どうなるのだろうと思っていたが、迷いやしがらみに翻弄されながら、自分に誠実であろうとする気弱な男の哀しさと、時代に合わない正直さが胸に迫ってきた。

 

 司馬遼太郎の『関ヶ原』は未読であり、原作と比べての話はできないが、いろいろ魅力的であり、いろいろな残念な、とたばたした映画だった。

      

                                     

                                                  2017 東宝 監督・原田眞人 主演 岡田准一

| 08:42 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://yukareview.jugem.jp/trackback/832