ぜひぜひ読んでほしい本のショートreviewをUPします!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
五輪メダリストから学ぶ 「スポーツと子育てと地域デザイン」

就任時初の民間出身者として話題になった滋賀県彦根市の前教育長・前川恒廣氏がマーク・トウェインの言葉を紹介し、開会されたこのイベントは、前川氏の教育とスポーツ発展への熱い気持ちに、子供服ブランド「MIKI HOUSE」の社長で、彦根出身の木村皓一氏が呼応し今回の講演会が実現した。

 

「 今から20年後、あなたはやったことよりもやらなかったことに失望する。

 だから、綱を解き 安全な港から船を出せ。風を帆にとらえよ。

 探検せよ。夢を持ち、発見せよ。 」

 

木村氏は、創業者特有のと表現していいのか言葉に迷うが、直感と自分の思いの交差点を逃がさず大切にし、社会貢献を考え実行されており、子どもたちの健全育成、スポーツ選手への後援を行っている。オリンピック三連覇を成し遂げた柔道の野村忠宏を見れるという軽い気持ちで出かけた私にとって、企業のイメージアップなどという言葉を口にすることが下品で申し訳なく思うほどの、真摯で情熱的な話だった。木村氏の話が、この彦根で聞けただけでも、今回講演会を聞きに来た意味があると感じるほどの熱気ある話だった。

 

さて、五輪柔道史上、前人未到の三連覇を成し遂げ、「天才」といわれる野村忠宏さんの話で印象に残った部分抜粋。

 

・父からの教え「きちんと組んで、一本を取る柔道」

・努力しても結果がでないことはある。しかし、努力と続けた先にある未来の自分を信じよう。結果は出なくても、投げる瞬間に感じる爽快感、その瞬間を大切にしようと思い努力と続けて来た。

・悔しさを知っている人間は強くなれる。悔しさをばねに自分を変えられる人間が強くなれる。

 

最後に、司会進行者から、「一流のアスリートに共通していることはなんですか?」という質問があった。ロンドンオリンピック卓球競技・女子団体銀メダリスト平野早矢香さんの言葉と共に紹介したい。

 

平野早矢香さん

「長い競技人生、勝てない時期、うまくいかない時期がある。そんな時、どれだけそのことに向き合えるか。積極的に続けられるか。前向きに生活できるか。が、できる人がだと思います。」

 

野村忠宏さん

「まず、当然、本気であること。努力の仕方を知っている。目標がある以上、努力して当たり前。それにプラス、自分にとって正しい努力、意味のある努力をつくり、続けて行ける人。」

 

 

                 

 

 

| 23:47 | 講演会 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://yukareview.jugem.jp/trackback/830