ぜひぜひ読んでほしい本のショートreviewをUPします!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ラスト・ナイツ

賛否いろいろあった映画だが、見てみたかった。

「忠臣蔵」を題材に、紀里谷和明が、ハリウッドで撮った映画である。しかも、名優 モーガン・フリーマンがでているとあらば、興味を持たない方がおかしいと思う。

さて、この映画を観て感じた、興味深さをなんと表現すれば良いのか。

映像極めて美しく、俳優たちの演技も申し分なかった。ストーリーに破たんもない。

しかし、ある意味で完璧なこの映画に、動かない私の感情はなんだろうか。

それは、たぶん、日本人として「忠臣蔵」に求める、大切な何かがこの映画には欠けているのだろう。冒頭、忠臣ライデン(クライヴ・オーウェン)大石内蔵助か? が、バルトーク卿(モーガン・フリーマン)浅野内匠頭か? に意見するシーンがあるのだが、そこですでに私の心は離れてしまう。天に向けた刃を、若い怒りではなく、余命を感じた老人の良心の叫びとして描いたのは巧い展化だとは思うが、いずれにせよ、主君に訳知り顔で意見できる男は、日本では忠臣ではないからだ。思いをぶつける、思いを伝えるは、日本では、身分の隔たりがある場合、「言葉ではない何か」でなくてはならず、受け止めるべき宿命であるところからしか物語は生まれないからだ。

伊原剛志の演技が光っていた。

伊原演じるイトーは、所謂吉良上野介(ギザ・モット大臣・・・アクセル・ヘニー)の家臣の役だが、人としての気持ちの動きと、家臣としてのあるべき姿という二律背反を包括する良い表情をしていた。

これが日本人なんだと感慨を覚えた。

これは、映画の出来ではなく、文化の違いなのだ。

そう思えば、この多様な国籍の人間が集まってできた「忠臣蔵」は、ことさらに、日本人の美意識とは何かを私に考えさせてくいれる。

 

                

               

                 2015 アメリカ  監督 紀里谷和明

            キャスト クライヴ・オーウェン モーガン・フリーマン 伊原剛志

| 17:48 | DVDなど | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://yukareview.jugem.jp/trackback/823