ぜひぜひ読んでほしい本のショートreviewをUPします!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ガラスの壁のむこうがわ

他人とコミュニケーションをとろうとするとガラスの豆がぶつかってくる感触がする。そんな少女が、友だちを求め、普通とはどうあるべきかを考え迷い、友だちを得るまでの物語。

 

世間からはぐれていく由香の心情を、排他的な優越感や、激しい自意識として描かなかった点が、この物語の魅力だと思う。

傷つける方も無意識なら、傷つけられる方も無意識。

切実な思いだけがある。どちらにも。

この構図が面白かった。

母の弟が、由香と共感する相手として現れるが、弟を理解していないと場面ばかり描かれる母が、弟の描いた絵を飾ろうとするシーンがある。理解されない思いを、この常識と普通の代表のようにしか描かれない母も抱えているのだということを感じる瞬間だ。

 

やわらかい由香の、必死に求める姿に、この世代の少女、そしてこの世代を確かに過ごしたことのある元少女は激しく共感するだろう。しかし、どこか、この物語は、読者を共感の安住だけに押し込めない。

 

絵を飾る母の姿に、感じる、大きな世界。

何かここにある問題が解決しても、自分の必死のあがきがかたちをなしても、人の複雑で深いかかわりには際限がない。

 

感性豊かな筆致で、特別な世界をつくりあげ、その世界観を美化せずに美しく描いた作品。

 

                                                 

                                              書籍データ せいのあつこ 国土社 201603

| 22:39 | 児童文学 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://yukareview.jugem.jp/trackback/816