ぜひぜひ読んでほしい本のショートreviewをUPします!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ここは妖怪おたすけ委員会 〕轍スーパースターズがやってきた☆
  好みの絵柄なら仕方もないが、そうでもないのに、最近、表紙を見てピンとくることがある。
 この本はいいぞ・・・と、なんだか占い師にでもなった気分である。良い本は、なぜか表紙に力がある。何がと言われれば困るのだけれど、文字の力が、画家に良い絵を描かせ、それが読者にも伝わるのかもしれないと思う。
 
 なんだかピンときてしまった本。

 五年生のみずきは、誕生日にほしいものを問われ、亡きおじいちゃんがつかっていた、古びた離れを両親にねだる。みずきは、妖怪をこの上なく愛していて、民俗学の学者だったおじいちゃんの書物などがそのままにしてある離れに魅力を感じていたのだ。
 そして、そこでみたものは、コスプレかと見紛う妖怪たちの姿。妖怪たちも現代風に自分たちをアレンジし、または代替わりし、浮世の辛さを感じながら、信じてもらえない生きにくい現代を生き抜いていたのだった。
 妖怪スーパースターズの副題通り、有名な妖怪たちの登場に心躍らせるみずき。
 
 そんななか、神社の御神木に、クラスメイトの名前が書かれ、釘で打ち付けられているぬいぐるみが発見される。そして、そのクラスメイトは体調が悪くなり学校を休んでいるというのだ。
 犯人は誰なのか?
 お洒落な女の子グループで、いつも、利用されているような立場で、みずきが気になっていた柳田さんの名前が犯人としてあがる。ほっておけなくなった、みずきは、天井下がりに調査を依頼するのだが・・・。

 妖怪オタクの変わり者の女の子みずき。ちょっとチャラい天邪鬼に、ツンデレスイーツ男子の妖太。こう書いてしまうと、子どもの好きそうなエンターテイメントとくくられてしまいそうだが、そんなことを言わせない、説得力がこの本にはある。人の不安や心の隙が妖怪をうみだすのだとすれば、妖怪だって現代の世相を反映する。SNSで自分の存在をアピールしてたっていいはずだ。小さな発見と、存在感に身をゆだねながら物語を読み進めれば、あらすじとキャラクターの紹介では、よくある子どもの好きな妖怪話としか思えないであろうこの本に、好きで好きでたまらない高揚を感じるのだ。
 不思議の世界を一括りにせず、「妖怪」「怨霊」「ネオ・クリーチャー」としっかり分類しながら物語は進んでいく。
 
 この物語がなぜ、こんなに私の気持ちをとらえるのだろうと考えて、導かれる言葉を書くと、やっぱり陳腐な表現になってしまう。お互いへの愛と尊敬が、この本には溢れているからなのだと思う。

 みずきのおじいちゃんは、民俗学の学者で、その内向きの仕事に反発を感じていたらしいママは、ファッション雑誌の編集者。そのパートナーであるパパは銀行員だ。羨ましさを含めた否定も肯定もあって、こういう職業と興味をもった人たちが家族として成り立っている。その家の娘であるみずきは、妖怪が大好きだ。家族の設定そのものが、設定をこえて、人のかかわりの含みを感じさせる。

・中からカギをかけないこと
・こもりっきりにならないこと
・たまには、鏡で自分の顔をみること
 
 これは、離れのカギをもらったみずきへの、パパからの言葉だ。
 人との付き合いというものは、この三つのアドバイスに尽きるのかもしれない。

 人と人とか関われば、心が動き、隙や光、そして影がうまれる。そこに妖怪は棲みつくのだろう。

 みずきと妖怪の関係は始まったばかりだ。11歳とはそんな年齢かもしれないと思いつつ、心が動くからできる模様を、どう妖怪たちと分かち合っていくのか。
 今後のシリーズが楽しみである。


  

                                                           

                                    書籍データ 角川つばさ文庫 宮下恵茉・作 いちごイチエ・絵 201602 
| 17:25 | 児童文学 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://yukareview.jugem.jp/trackback/812