ぜひぜひ読んでほしい本のショートreviewをUPします!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
電気ちゃん
 自らを、「電気」と名乗る中年男に拾われた16歳の家出少女・鳥子。鳥子は、電気ちゃんと暮らすようになって、忌々しい足音のような耳鳴りから解放されていた。

 電気ちゃんは、鳥子をウサギのぬいぐるみのようだと言い、鳥子は、日に日に電気ちゃんを男として意識するようになる。

 乳がんの宣告をされた26歳OLの寿々。そして、寿々と一緒に暮らす、恋人で、はっとするような美人のホステス・紫。

 崩れ落ちそうなアパートを中心に語られる連作短編。

 私が、一番魅かれたは、きみ夜だ。

 バツイチで38歳のきみ夜は、セックスに対しての欲求がない。最初は、地味で男性受けしない自分の容姿を補うために学んだ手料理だが、今は、誰もが認める料理上手。

 そこに、アルファベットで呼ばれている男たちが、晩ご飯を食べだけに現れる。

 男に手料理を振舞うことだけで、満足し生きている実感を得ているきみ夜。

 男の嫉妬より、自分の気持ちより、ヴィタメールのチョコレートの方が、生々しく存在する事実。



 今、人間という生き物は、動物であることを、どこかで放棄している。

 この物語は、生と性を描いているはずなのに、未来への強い欲求と、繁殖への意思がない。

 描かれたのは、今と、淡々と流れる日常の、生も性も、時には暴力も内包した、静電気のようなわずかな痛みと違和感だ。

 人々は、確かに生きている。

 

 動物としての営みを放棄していることを確認すらできない現代人の、狂気と紙一重の静かな時間が描かれている。この物語を知的だと感じ、その刹那的としか言えないはずの行動に、なんとも確かに腑に落ちる感触をおぼえるのは、読者もまた、動物であることに、どこか自信の持てない現代人だからではないか。

 

 物語は、なんとも不思議なリアリティを放ちながら、自由のようでいて、不自由な女たちが奏でる、それぞれの生きている実感を静かに密やかに描いている。




          電気ちゃん

               書籍データ 毎日新聞社 楠章子 201309
| 22:32 | 一般書 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://yukareview.jugem.jp/trackback/739