ぜひぜひ読んでほしい本のショートreviewをUPします!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
祈りの幕が下りる時
 東野圭吾の最新作。そして、「加賀恭一郎シリーズ最新作」である。

 出版されたばかりのミステリーのストーリーを詳細に説明するほど野暮ではない。

 家を飛び出してきたという訳ありの女が孤独に世を去る。
 しかし、プロフィールを失った女にも、彼女を大切に思う一人の男と、それを静かに温かく見守っていたスナックのママの存在があった。

 加賀恭一郎にとっては、家を出た、母のその後の人生。

 名作「赤い指」と対を成す、家族の物語だ。

 一人の女性が見知らぬ男の部屋で死体で発見される。その男もまた、行方がわからない。女性が、死ぬ直前に会っていた、元・女優で、今は演出家としてのその才能を世に認められた、角倉博美に捜査の手が伸びる。
 角倉博美は、かつて、子役の役作りのため、加賀恭一郎に剣道指導を頼みに来たことがあった。
 その接触は、果たして偶然だったのか?
 角倉博美は、中学生の時、父を自殺で失っている
 殺された女性は、博美にとって中学校まで同級生。二人をつなぐ、担任の教師は行方がわからない。

 この物語は、加賀の母の人生とどう関わっていくのか?
 母が、愛した男は、どんな男なのだろうか?

 事件が真相に迫る時、加賀の母の物語も明らかになっていく。

 事件の種明かしだけを楽しみにする読者には、上手い作家の手馴れたプロットと言われても仕方ないという思いもある。
 しかし、家族の物語として読めば、そのつながり方に、描き方に胸は熱くなる。
 所有しないことで、つながった家族。
 その切なく、深い幸せが、ここには描かれている。
 妻を孤独死させたことを悔い、一人で死のうとした父。
 そして、その死様を尊重し、受け入れることで父と関わろうとした加賀。
 本作では、加賀が掲載されてる剣道雑誌を、この写真があると、あの子の成長が止まってしまうと受け取ろうとしなかった母のエピソードが披露される。
 家族とは何か。一見破綻した三人の、時間も空間も共有することのない、確かなつながりが描かれている。
 
 この作品には動きがある。事件の舞台が、おなじみの東京・日本橋界隈の風物詩であることはもちろん、仙台、滋賀県の彦根と大きく動く。そして、角倉博美が演出する舞台のシーン、加賀が剣道に打ち込むシーンなど、二人の人生を象徴するものも、極めてビジュアル的な描かれ方をしている。
 きっと、すぐにドラマや映画になることを、作者も意識しているのではないだろうか?
 これは、けして、世俗的な意味ではない。
 この物語には、原発に関わる、下請けの下請けの仕事をする労働者たちの姿が描かれている。
 放射能を浴びる量と比例する賃金。ずさんな本人確認。そして、それに関わらざるを得ない男たちと、容易に失われてしまう存在の痕跡。
 そこで確かに働いていたはずの顔が確認できないうっすらとした恐怖を見るものに与える。
 物語の中で、声高に、原発への反対意思が描かれているわけではないし、その非人間的な労働環境を批判しているわけではない。
 しかし、この物語で、我々は、日々流されるニュースの裏に、漠然と感じていた不安を、物語の中で、人の個別の人生に関わる事実として実感するのではないか。
 その実感は、見るものに、無関心ではいられない強いものを与えるに違いない。その伝達は、人気作家の高視聴率番組であるが故に、絶大な影響を及ぼすはずだ。

「とんでもない。あなたはいつも、刑事が知らないことを教えてくれる」 
 これは、父を見取った看護士・金森登紀子への加賀の言葉だ。
 職業への尊敬から、相手への愛情を伝えようとする、少し不器用な加賀の表現方法に思わずこちらも笑みがでる。
 こんな言葉をかけられたら惚れるよなぁ。

 加賀恭一郎は佇まいの美しい男だ。
 その佇まいが存分に楽しめる一冊。

 映画化の際は、メインでないとはいえ、我が彦根市も撮影の舞台になることは間違いない。今後の動きが楽しみでもある。

                
                   書籍データ 講談社 東野圭吾 201309 
| 22:34 | 一般書 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://yukareview.jugem.jp/trackback/700
| 粋な提案 | 2015/07/21 14:14 |
第48回吉川英治文学賞受賞作品! 1000万人が感動した加賀シリーズ10作目にして、加賀恭一郎の最後の謎が解き明かされる。 悲劇なんかじゃない これがわたしの人生。極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。 夢見た舞台を実現させた女性演出家。彼女を