ぜひぜひ読んでほしい本のショートreviewをUPします!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
逃げるは恥だが役に立つ  銑─‖慨中

 2016年年末、新垣結衣と星野源主演で、大ブームになったドラマだ。

 何度か発言しているが、私は連続ドラマが得意ではない。来週も見なくてはならないというプレッシャーが窮屈なのだ。

 しかし、火曜日の夜10時という時間設定が、なんとなく自分の生活スタイルにあったのか、強い意志はなかったものの、気楽に毎週楽しみに見ることができた。

 新垣結衣と星野源が、奇妙な題名を持つドラマの、奇妙な設定を好感度高く、そして可愛らしく演じ、また古田新太、石田ゆり子がむつかしい役柄を自然にコミカルに演じていた。

 そうなれば、原作を読みたくなるのが、人情というものである。

 

 漫画のストーリーは(今現在)概ねドラマと同じ。

 まずは、この奇妙な題名は、ハンガリーのことわざで、「恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切」からとっている。

 大学院で心理学を学んだ、森山みくりは、就職難のためなかなか職がみつからない。求職中の娘に、父が紹介したのは、かつての部下・津崎平匡の家事代行だった。

 しかし、みくりの両親は、定年をきっかけに田舎へ引っ越す願望をかなえ、現状を維持したい、みくりは、津崎に「就職先としての結婚」を持ち掛け、津崎はメリットを感じ「雇用主と従業員」という結婚を受け入れる。

  他人に干渉されることを嫌い、マイペースに生きる津崎だったが、適切な距離は良好な関係を築き、みくりの妄想的愛情表現に押され、徐々に恋愛感情が芽生えていくという物語である。

 

 彼氏に「小賢しい、偉そう」という捨て台詞を残されてふられた経験から、恋愛の良いところだけが欲しいと、どこか、形式から恋愛をつかもうとする、森山みくりのピュアで積極的な妄想。

 自身を「プロの独身」と位置付ける、有能なエンジニアであり、京大卒の高齢童貞、津崎平匡。

 そこに、ゲイで洞察力がある沼田、美人で有能、企業で社会的成功をおさめたがゆえに処女のまま閉経をむかえた、みくりの伯母、土屋百合、結婚にメリットを感じないイケメン、風見涼太がからみ物語は進んでいく。

 文字で読むと、なかなかあられもない言葉での表現にはなるが、人との関係、社会での立場をけして一面的にとらえず、それぞれの価値観、立場、そして人と出会い、触れ合うことで変化していく様子を、精神面、そしてスキンシップの両面からとらえていく。

 それぞれの心の在り様は、リアルで、赤裸々で、ゆえに、胸に迫るものもあり、コミカルさで軽く読ませる部分も含め、なかなかの物語だ。

 

 「在り様」に「結論」を持たせることが可能なのか。この漫画はどんなふうに終わるのか。

 楽しみのような、そうでないような。

 

 ドラマは終わってしまったが、彼らの人生を、楽しみに見守りたいと思っている。

 

 

 

            

 

           書籍データ 海野なつみ 講談社 201306 〜 201610

| 10:16 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
へうげもの(1)

歴史を語る切り口として、こんなに面白いものを見逃していたのかと後悔している。

武士として生きるか、自分の中に絶えずこみ上げる茶器への愛に生きるか、古田織部の迷いと視点で描かれ新鮮だ。

武将としての信長ではなく、傾いた服装と、茶器への固執といった側面からも、その天才性をとらえられるものなのだなぁと信長好きの私には新鮮だった。

同様に、 茶器を中心に、時代の清新、秀吉、光秀の性格や生き様を浮き彫りにしている。

まだ一巻目なので、なんとも言い難いが、少し、章と章がばらついており、全体大きくうねらないのが残念。

しかしながら、純粋な生き方への問いと迷いは心地よい。

 

 

              

                 書籍データ 山田 芳裕 講談社 200512

| 08:17 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
アクトン ベイビー−Act on BABY− 全三巻
 高校演劇の話である。

 早乙女ひろみ(男子)は、高校入学を機に、おとなしいがゆえに出会う理不尽なことを払拭しようと妄想を繰り返している。空想の中での自分は、はっきりモノが言え、自由に輝いているのに現実社会ではなかなかそうはいかない。

 偶然、隣の席になった、武上あきら(女子)は、なかなかの美女なのに、ひろみと奇妙な距離をとろうとする。その不思議な距離感に惹かれ、ひろみは、あきらの姿を追いかけているのだった。

 そこで出会った演劇。

 ちょっと変わった先輩と、あきらの存在に引き込まれ、ひろみは演劇部に入部することになる。

 漫画のセリフをグループで朗読し、通行人に訴えかけるストリートパフォーマンス。お化け屋敷での実演で、観客を、舞台の下の一括りの観客という存在から、ひとりひとりの存在に分けて実感する訓練。

 今を生きる高校生たちの、舞台への思いを描く。

 この物語にあるのは「今」だけだ。将来の夢にも、自己表現にも大きく踏み出すことはない。そのことが、物語にリアリティと解放感をもたらしている。高校生という狭い世界、されど、大きな時間と、強い自我、変えたいという願い、一緒にいたい、あの場所にいたいという思い。高校生という時代は、そういう時代ではなかったか。

 開演の時間、舞台の上にいれば、なんだってできる。

 幕を開けよう。

 あがき続けながらも、何かを演じ、自分の何かを変化させようとする高校生たちの物語。



 天才肌の鳥海潤の登場で、少し違う動きがありそうなところで終わってしまったのは少し残念。漫画の宿命というところか。うまく完結させているので全三巻違和感はないけれど、もう少し読んでいたかったのいうのが正直な感想。








                  

              書籍データ 秋田書店 高田桂 201411〜201506
| 22:57 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
薔薇とばらの日々
 陸奥A子の自選集機,函△△襦
いずれも、1980年代後半に、りぼんオリジナルに掲載された短編だ。

「恋」と「友情」が少女たちのすべてあった時間の、迷いやときめきが描かれている。
 打算でも、自己主張でも、将来への渇望でもない、純粋な「恋」
 見かけるだけで幸せになれたり、不安になってしまったり。
 相手の気持ちを推し量ることに疲れて睡眠に逃げてしまったり。
自分を好きだという男の子が、いったい自分のどこか好きなのか自分を点検してみたり。
年上の人への憧れは、いつもうまくいかなくて、それでも、その人に出会えてよかったと思える力強さは、まぎれもなく少女だからだと私は思う。

相手を思う気持ちと、強い言葉ではけして語られない少女たちの友情は、眩しいほど確かだ。

好きなものを、何にもすり替えず、言い訳せず、そのままに好きだと自分の胸に持つことは勇気がいる。
少女たちの勇気に元気をもらえるオムニバス。




                                                           
                                      書籍データ 集英社文庫 陸奥A子 199607
| 13:32 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
いちえふ 福島第一原子力発電所労働記 1
 大学卒業後、職を転々とし、売れない漫画家としても活動していた筆者は、東日本大震災後、福島第一原子力発電所の作業員となる。
 彼が、その目で見てきたルポルタージュ作品。労働記である。

 話題の漫画ということで手に取ってみた。

 震災と原子力発電所について、正確にとらえる為には、大雑把に言って、3つの視点が必要ではなかろうか。
 一つは、歴史や政治、企業といった大きな枠組みと流れの中で、縦に横に広げながら、報道の強さに誤魔化されず論じていく視点。もう一つは、被害にあわれた方々の気持ちに寄り添った視点。そして、もう少し客観的に、自分が今何が出来るかを含めた、目の前にある問題としての視点だ。
 この漫画は、三番目の視点に特化した物語である。
 作者は、何か役に立つことを仕事としたいという正義を持ちながらも、好奇心と募集要項に書かれた高い給料に魅かれていたことを否定しない立場である。 
 
 究極の意味での、加害者でも被害者でもないそんな作者が、日常として原子力発電所と向き合うのだ。

 「いちえふ」とは福島第一原子力発電所の通称。「Fえふ」は福島。「1いち」は第一。現場の作業員や地元住人は「フクイチ」ではなく「いちえふ」と呼ぶ。
 
 地元民も含め、わけありの男たち。怪しい斡旋業者。そして、いつはじまるかわからない仕事と、格安であっても、日々かさんでいく寮費と食費。
 そんな思いをして、やっと辿り着いた「ふくいち」の作業員。

 「フクシマの真実」という名目で報道される、都市伝説のような人災物語。暴くという名の嘘は、原発という場所を、日常から遠くする。
 
 これは「フクシマの真実」を暴く漫画ではない。これが、彼がその目で見てきた「福島の現実」。

 帯に書かれている言葉そのままに、男が数人集まれば繰り広げられる猥雑な話もあれば、衣食住の問題もある。
 今もそこにいる動物と、震災の爪あと。
 放射能の恐怖と、厳重な装備、徹底的な管理。
 
 一日に可能な被爆量はきっちりと管理されている。一時間も働けば、その日の予定量になってしまうことも少なくない。
 漫画の中で、労働者たちは言う。

線量の高いとこは勿論だけど 低いとこだって この重装備じゃ 長い時間働けないからなぁ・・・
なのに外の人は やたらと言うんスよね「収束してません!」って
こんな一筋縄でいかねぇ現場が そんな簡単に片付ぐわけねぇべ

 勿論、この事実だけ知れば、原発を知ったことになるわけではない。
 しかし、我々は、そんな一筋縄でいかないものを世に放ってしまったこの日本に足を下ろし、日々を過ごしている。原発が安全だと思わせたい人間の利権と同じように、福島は収束しない方が都合が良い人間もいるかもしれないと想像力を働かさなければならない。

 あらゆる角度から物事を見て考えることからしか、真実は見えてこないし、するべきこともわからない。

 一つの視点の補助として、読まれるべき一冊である。
 
 


いちえふ 福島第一原子力発電所労働記 1
       書籍データ 竜田一人 講談社 201404
| 22:50 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
BORDER [ボーダー] ,鉢◆‖慨中

 あまりテレビドラマにはまることはないのだが、現在テレビ朝日の連続ドラマ「BORDER」を毎週楽しみにしている。
 捜査中に撃たれ、頭に弾丸を残す刑事・石川安吾(小栗旬)は、「死者と対話する能力」を手に入れることになる。予期せず人生を閉じることになった人間の立ち姿と、その存在、自分の能力を素直と冷静というどこか違和感のある言葉をないまぜにしたように受け入れ、捜査に活用していく安吾は今までにない魅力的なキャラクターだ。似たような刑事ドラマが多い中、安吾を演じる小栗旬の個性と相乗して面白いドラマに仕上がっている。


       

 気に入ったドラマに出会うと原作を検索するのがクセだ。オリジナルの脚本か否か。原作があると読みたくなる。今回、原案に金城一紀の名前があったので、原作があるに違いないと検索した。ところが、本当に原案だけらしい・・・。書けよ、直木賞作家・・・石川安吾の姿を文字でなぞりたかったじゃないか! と、いう私の心の声はさておき、漫画が出版されているらしいので手に入れることにした。

 設定はそのままに、ドラマとは違うオリジナルのストーリーだ。
 ミステリーを読ませるには邪魔にならない絵で、この設定自体を気に入っている私としては文句はないが、残念ながら、ドラマの余韻を越えるような魅力はなかった。

 殺された被害者が、知っている限りの事実を話し、それを石川安吾が知るわけだから、なかなか説得力のある物証が、死者の言葉に追いつくことはない。
 そのために、安吾は、闇の住人たちに頼み証拠を入手する。捜査の限界と物証、安吾の捜査は悪なのか、それとも絶対的善なのか?

 ドラマでの、サイモンとガーファンクルと呼ばれるハッカーのユニットと安吾とのクールな会話、古田新演じる情報屋の赤井との駆け引きにあふれた会話は逸品だ。役者やビジュアルの灰汁の強さに頼る、短くてインパクトのあるシーンは、漫画では難しいのかもしれない。

 漫画単独で考えれば楽しめる内容になっているが、ドラマファンとしては少し残念である

  BORDER(1) (カドカワコミックス・エース) BORDER (2) (カドカワコミックス・エース)
   
        書籍データ 金城一紀 原案 小手川ゆあ 漫画  KADOKAWA
                     201403 ◆201405

| 17:58 | 漫画 | comments(4) | trackbacks(0) |
よつばと! 〜 続刊中
 愛犬のミールが、お腹を壊した。病院につれていったその日、遊びに来た小学校二年生の姪っ子に、ミールを病院につれて行ったら、お医者さんに安静にしているように言われたことを告げた。だから、今日はミールのこと、静かに大事にしてあげてと言うと、少し、間があって、姪っ子が聞いた。
「ねぇ、犬のお医者さんは、人間だよね?」 

 なんだか愉快だった。そして、小学校二年生は、まだ、そういう世界に住んでいるのだなぁと愛おしくなった。

 『よつばと!』は、そういう物語である。
 よつばは失敗することが仕事だけれど、嘘だけはつくなという父ちゃんと、毎日が驚きと発見に満ちたよつばの生活が描かれている。

 宅配のピザをとるということだけで、物語になる。
 子どもであるということは、ものすごいことなのだと、自由さと生命力とに圧倒される。

 今回から、うどんを打つ職人のおじいさんが登場する。
 作中人物と、言葉の語尾が違い、言葉少なに、年寄りらしいことを言うおじいさんとよつばの絡みにふくらみを感じる。

 読みきりで、重ねていくだけのような物語なのに、飽きさせないばかりか、10巻をこえてさらに楽しみだといわせる力が圧巻である。

(参考  
http://yukareview.jugem.jp/?eid=607  & http://yukareview.jugem.jp/?eid=210 )

               よつばと! 11
            書籍データ アスキー・ディアワークス あずまきよひこ
                          200911〜  201111
| 05:50 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
よつばと! ァ銑─‖慨中
 久々に『よつばと!』の続きを読んでみることにした。
 ( 参考 →  
http://yukareview.jugem.jp/?eid=210 )

 牧場に行ったり、文化祭に参加したり、なんでもない日常の起伏に、最高の面白みがつまっているのだと感じさせてくれる、よつばと、とーちゃんの物語。

 新たに加わった、登場人物で、なかなか素敵なのが、父ちゃんの友だちの「やんだ」
 外回りの営業職らしく、給料日前のお昼をよつばの家でカップラーメンを食べてしのぎにやってくる。
 子どもと同じ目線なんてキレイごとを通り過ぎて、よつばと対等に戦っている。

 好奇心、冒険心、選択肢としては不自由であるはずの子どもの日常が、いろいろな大人の視線の中で、行動としても、精神としても自由で愉快に描かれている。

               よつばと! 7
          書籍データ メディアワークス あずまきよひこ 200605〜200808
| 23:02 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
ぴんとこな 二 〜 九 続刊中
 先日、梨園を描いた漫画があるという興味だけで手に取った第一巻。 
( 参照 → 
http://yukareview.jugem.jp/?eid=594 )
 なかなか面白かったし、歌舞伎への愛が伝わってきて心地よかった。と、いうわけで、既刊を読んでみることにした。

 歌舞伎界の御曹司・河村恭之助
 求められることの大きさと、ぬるま湯の気遣いに辟易していた恭之助は、歌舞伎に詳しく率直な物言いで、自分の才能を認める千葉あやめに魅かれている。
 その千葉あやめは、幼い頃、顔立ちに魅かれて、歌舞伎役者になってほしいと頼んだ幼馴染・澤山一弥を今も思っている。
 そして、その澤山一弥は、門閥外ゆえ、才能があってもチャンスがない苦悩から、師匠の娘・澤山優奈の好意を受け入れ婚約することに。

 こう書けば、少女漫画らしい純愛モノととられるかもしれないが、澤山優奈と一弥は肉体関係を持つわけだし、優奈は、あやめと一弥をを別れさそうと画策し、役欲しさに近づいてきた梢六の誘いにのり、さらに脅され、梢六とも関係を結ぶ。婚約者の浮気に漠然と気づき、歌舞伎界で野心を達成しようとするには、あやめではダメなのだと虚無の思いを抱えた一弥は、合コンで知り合った女の子とも一夜限りの浮気をする。

 人として落ちていくことで、役者としての魅力を得ていく一弥と、御曹司ゆえの苦悩を抱えながらも、無邪気で天性の美貌と才能を持つ恭之助。
 二人は、役者としてお互いに魅かれ、激しくライバル視し、そしてなくてはならないコンビとして舞台に立つ。
 自分にはない魅力への呼応。そして、お互いに抱える質の違う孤独。
 二人の少年は、限りなく魅力的だ。

 しかし、それゆえに、二人の少女に魅力を感じないのは、ある種仕方ないのかとも思う。
 二人の魅力的な男子に思われながらも、作中では、狂言回しの役割を出ないあやめ(主人公のはず!?)はもちろんだが、私は一番気になるのは、優奈の存在だ。
 梨園のお嬢様。自分の立場を利用して愛する少年を手に入れるという悪事をしたゆえに、罰せられるような描かれ方に胸が痛む。女はバカだといわんばかりの古臭い無知で、純粋であるが故に、自分の立場も存在ももてあまし、親にさえバカ扱いされている憐れさが、背景のように描かれていることに物足りなさを感じる。

 これからも続く物語だから、これから動くのかもしれないが、二つの孤独の呼応になってしまいそうな予感は充分にある。
 四つの孤独の呼応でなくてはならぬのではないか。
 そんなことを思いながら・・・、次巻を楽しみに待つとしようか。




ぴんとこな 9 (Cheeseフラワーコミックス)ぴんとこな 4 (Cheeseフラワーコミックス)
      書籍データ 小学館 嶋木あこ 201008〜201305 続刊中
| 22:36 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |
チューネン娘。  ◆ヾ扱
 普通、人は、子どもから少女になり、女になり、オバサンとも呼ばれる大人の女性に年を重ねていくのだろう。しかし、ずっと少女のまま年を重ねている人は、身近にも多い気がする。
 心の中は、少女そのまま。
 野心も見栄も、純粋さも、迷いも・・・ちっとも、風化することなく、生っぽい傷と残酷さを持ったまま、可愛くて厄介な大人になっている。

 日々、ちょっと感じていたものを表題に感じて、読み始めた。 

 アイコ30歳、独身女子の物語。
 いやらしいティッシュを繁華街でもらわなくなったことに、うっすら傷ついたり、キャリアも安定した家庭もない自分に迷ったり、合コンに出かけて条件の良い男に揺らめいたり、誰もが共感できるディティールではないだろうか。

 ただ、内容は少し期待し過ぎたせいか、つまらなかった。
 大きな物語としたら、結局、条件の良い男より、生活能力に疑問はあっても気の合う、自分が無理をしなくてい居心地の良い、なじみの男とよりを戻すというだけのもので、通俗的。
 性の問題は避けて通れないとは思うけど、ちょっと下品に感じてしまう。
 この下品さを楽しみ笑う漫画なのだろうけど・・・。
                       チューネン娘。 1 (Feelコミックス)
                          書籍データ 祥伝社 伊藤理佐 200401・200504
| 21:09 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0) |